プランテルexに配合されている効果的な成分とは?

プランテルexの成分について

2015年8月に発売が開始されてから一時は品切れが続出したほど人気となったプランテルex
育毛剤に詳しい私でもここまで大ヒットした商品は他には知りません。

 

 

人気の秘訣は配合されている成分にあると思っています。
プランテルexの発毛を促す効果の高い成分について紹介していきますね。

 

キャピキシル

 

プランテルexの成分を語るうえでキャピキシルは欠かせません。
キャピキシルはカナダの大手化粧品会社「ルーカスマイヤー社」が開発した新しい育毛成分です。

 

発毛効果は高く、副作用が全くない!という育毛業界にとってはまさに夢のような成分を開発したと報告しています。
キャピキシルの研究結果の有効性についてご覧下さい。

 

キャピキシルの発毛効果

 

ルーカスマイヤー社は薄毛治療に用いられる「ミノキジル」と「キャピキシル」の効果に

 

ついて比較しています。その結果、キャピキシルの方が約3倍も毛母細胞を活性化させることができたと報告しているのです。

 

ミノキジルの3倍の効果があるって信じられませんよね。
ルーカスマイヤー社が世界中からアクセスできるホームページ上に公開しているので信憑性はかなり高いです。

 

キャピキシルの4ヶ月の臨床結果についても報告されています。
こちらも毛髪がはっきり増加したという結果でした。

 

副作用が全くない

 

キャピキシルは血流を促進し、毛母細胞を活性化させる高い効果はありますが副作用が全くないという臨床結果です。
そのようなことが本当にあるのかと、厚生労働省のホームページで調べてみました。

 

するとほとんどの育毛成分で副作用が報告されている中、キャピキシルだけ本当に副作用の報告がされていないのです。
驚異的に安全性の高い成分であることは間違いないと証明されました。

 

ピディオキシジル

 

ピディオキシジルはミノキジルと分子構成が似ていることから同じような効果が期待でき

 

るのでは?ということで、日本ではまつげ美容液にいち早く取りいれられたとのことです。

 

  • 頭皮の血流促進
  • 毛母細胞の活性化

 

というのが主な効果となっています。
育毛剤に配合される以前からまつげ美容液などに配合されていたので安全性についてはほとんど心配いらないでしょう。

 

カプサイシン

 

唐辛子に含まれる辛味成分のカプサイシン。
AGAや薄毛に対する主な効果は、

 

  • 頭皮の血流促進
  • 毛母細胞の働きをサポートする
  • 頭皮を柔らかくする

 

ということにあります。
イソフラボンと経口摂取することで発毛そのものを促す効果が期待できるカプサイシンですが、プランテルexに配合されている理由は、ゲートアクセス理論です。

 

ゲートアクセス理論を簡単に説明すると、カプサイシンで頭皮を刺激し柔らかくすることでキャピキシルやピディオキシジルなどの成分が浸透しやすくなります。

 

 

カプサイシンとは唐辛子に含まれる成分で育毛スイッチをONにする働きかけをしてくれます。
「名古屋Kクリニック」では、カプサイシンとイソフラボンには育毛効果を促進する効果があると答えられています。

 

プランテルexのおすすめ記事

 

プランテルex・効果なし